サイト内容を決める

ECサイトにはさまざまな種類が存在します。サイトを作るためのスケジュールは、ECサイトの運用開始時期を決定し、構築するサイトの規模にもよりますが、最低でも、三ヶ月は必要になりますから、まずは覚えましょう。

サイトを作るのに大事なこと、内容にサイト名をまず決めます。サイト構成の自由度とオリジナル性を決めましょう。サイト構成や、システムにおいて、自由度が、高いのが独自メイン型とECサイト。やはり、サイトとは、きっちりでも、自由でオリジナルが重視されます。確かにオリジナルがあると、サイトを作るのが楽しそうです。

そして、もう一つがモール型ECサイトモール型ECサイトは予算された複数のテンプレートの中からイメージに近いものを選んで、商品情報や 店舗情報に、流し、記載されます。こちらは広告なので、さっきとは異なり、周りに見せるということを意識しています。その為さっきに比べると自由度は低く、他サイトの差別化を図るのが難しいのが特徴。もちろん、サイトを作るためには予算ですが、サイトによっては値段が異なります。モール型ならそれなりの値段ですが、自分で作り。出品させてくれるのでいいでしょう。しかし、自社なら費用は自費です。それだけリスクもあるので、考えてからやるのが良いかもしれません。内容も、様々デザイン、自由にも出来るので楽しくサイト作りしてみてはいかがでしょうか?

システム・ツールを選ぶ

ECサイトにおけるシステムやツールはどうなっているのでしょうか。サイトにはECサイトと、コーポレートサイトと二つのサイトがあります。どんなシステムになっているのか、コーポレートサイトとはどのような会社なのかを、ユーザーに知ってもらうためにあるサイトのことです。サイトはあっても、いろいろなサイトがあるので、わからないことも多いです。そのため基礎から覚えます。まずこのツールに関しては会社の中では基本なので さらに覚えましょう。もし、別のツールで、作るのはズレが生じます。そんな、ズレをしないためにも二つのサイトの違いからツールを作成しましょう。

ECサイトのメリットはユーザー商品が見つけられやすい、購入しやすいサイト設計はもちろん幅広く、決済システムや、大きなコストがわかりやすいこと。ここまでわかるのはこのサイトの武器です。その半面、情報更新を頻繁に管理をし、決済システムが導入しやすいツールが必要です。

コーポレートサイトのメリットはまず必要なデザインです。それも親しみやすく、信頼性が感じられるデザインかどうかが重視されます。もし、この二つ目のツールが別々のツールで作成、運営された場合、それぞれのツールで情報を更新しなければいけないので間違えた作成をしている人には知っておくべき情報です。

どんなECサイトを作る?

まず、ECとはどんなものか1から書きます。簡単に言うとネット上で商品を販売するウェブサイトのことです。こう聞くとネットを日頃使うなら詳しいと思います。そもそも、私はECを初めて聞きました。では、ECでもどんなサイトを作るのでしょうか。日頃からよく利用していても、サイトを作り上げるのはそう簡単ではありません。担当者に就任となればなおさらとまどいますし、難しいものでしょう。それだけ利用と運営では大きく違うのです。

サイトを作る前にする作業が沢山あります。定義として、Eコマースのサービスを提供するWebサイトの通称をします。Eコマースとは、簡単に書くと、ネットを通じて行われるものや、サービスの売買の通称です。あまりにもちょっと話が難しいかもしれませんが、やればわかってきます。そして、サイトには種類があります。ECサイトにはモール型と自社サイト型に分かれます。モール型とはその名の通り、モールに出店するタイプのことです。このモール型のECサイトにおいては、モールが提供するシステムを利用し決済モールが代行します。そのため、初心者などでもやりやすいかもしれません。

関連HP『ECサイト構築クラウド | MODD |』

一方、自社サイト型は自分でECサイトを自分で構築しなければならず、全く何もない状態での立ち上げなため、自由度が高い半面、決済システムやセキュリティなどが自前に出費なども高額になる可能性があります。どっちにせよ、自分で決めなければならないので合うかどうか考えましょう。どういう風に作るかそれはECサイトを構築したいのかまとめます。サイト構築の目的を明確にすること。リニューアルの目的を明確に。この二つです。決めなければ、ECサイトは出来ないので注意しましょう。もちろん、サイトをするには予算もいるのであらかじめ確かめることが大切です。